広告プランナー

広告プランナーとは、広告を制作する際の方針や企画を立案する仕事です。テレビや雑誌、Webサイトなど、企業が商材やサービスを宣伝するための広告制作に携わります。

クライアントからの依頼を受けて、制作の企画を立案し、優れた広告を完成させるための基礎を構築するのが大きな役割です。企画立案だけでなく、進行管理まで統括する場合もあり、担当する業務は多岐にわたります。

広告プランナーの仕事

広告プランナーの仕事は、クライアントの製品やサービスを多方面に発信するためのメディア選定をはじめ、企画立案、さらには制作進行管理まで幅広いジャンルの業務が存在します。

広告プランナーのおもな仕事内容は次のとおりです。

  • 広告戦略立案

商材やサービスをどのようにプロモーションするかを決定するのも広告プランナーの重要な仕事の一つです。クライアントから丁寧にヒアリングを実施したあと、ユーザーに対して広く周知するために、どのようなプロモーションを行なうのが効果的か、時期や掲載先の選定をはじめ、プロモーションにかける予算などを検討・提案していきます。

  • 制作進行ディレクション

企画や戦略の策定が完了したら、広告を完成させるための具体的なフェーズである「制作進行ディレクション」を行なっていきます。このフェーズに特化したディレクターも存在しますが、企画立案を手がけた広告プランナーが兼任するケースがほとんどです。ディレクターやカメラマン、ライターなど制作を行なったクリエイティブチームを指揮する役割があります。

  • 広告運用・予定調整

完成した広告が最大限の効果を生み出すように、適宜調整を行なっていきます。広告の効果が薄まるような事態に陥った場合は、デザインや広告内容を含めた見直しや予算配分の変更、さらには配信媒体や時期などの調整を行なわなければなりません。

PDCAサイクルを回しながら効果を最大限発揮できるように、目標達成に向けた改善が求められます。

  • 効果検証・クライアントへの報告

アクセス分析ツールなどを活用しながら広告の効果を検証し、クライアントへその結果を報告します。どのような流入経路があったか、そしてどのような離脱結果があったかを具体的に提示しながら、検証や改善といったアクションをつなげていくのです。

このように、広告プランナーは、広告の戦略立案だけでなく、広告をリリースしたあとの効果検証まで一連の流れを担当するのが特徴です。制作する広告に関する詳細なイメージを把握している立場であることから、必要に応じて制作チームの業務に介入するケースも少なくありません。

広告プランナーになるには?

広告プランナーとして活躍するためには、特別な資格を取得する必要はありません。一般的に、高校卒業後に進学してから就職する方法と、他業種から転職する方法の2つのパターンがあります。

  • 大学・短大・専門学校に通う

広告プランナーとして活躍するためには、必須の学歴や資格は必要ありません。ただし、広告プランナーとして働くためには、広告代理店に就職するケースが一般的ですので、必然的に大学以上の学歴が求められる場合が多いようです。特に、大手広告代理店への就職を希望する場合は、大学卒業は必須条件といえるでしょう。

  • 他業種からの転職を目指す

広告プランナーとして活躍するためには、広告業界での経験が要求されるケースが多くあります。業界未経験の方や他業種での職務経験がある方の場合は、現在就いている業種に関連性の高い広告会社に応募することで就職できる確率を高められるでしょう。

特に、商品開発や営業職として活躍した経験がある場合、業界に対する知識はもちろん、コミュニケーション能力や表現力などのスキルを活かすチャンスです。広告プランナーとして活用できるスキルや経験を活かして、有利に就職・転職活動を進めていきましょう。

必要な資格

広告プランナーとして活躍するために必須の資格はないものの、就職後にスキルアップ・キャリアアップするためにおすすめの資格は存在します。

広告プランナーとしておすすめの資格は次のとおりです。

  • ウェブ解析士認定試験
  • ネットマーケティング検定
  • マーケティング検定
  • MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)検定
  • ビジネス数学検定
  • Google AdWordsの認定資格試験

就職先によっては、資格取得をすることで給与がアップしたり、賞与がもらえたりなどさまざまなメリットがあります。広告プランナーとしてよりスキルアップを目指すためにも、ぜひ上記の資格取得を検討してみましょう。

専門的な学校・学科はあるの?

広告プランナーを目指すための専門的な学校や学科は特にありませんが、マーケティングに必要な知識やノウハウを身につけることで、就職に非常に有利に働くでしょう。

マスコミ学や経済学、経営学などを履修できる学校を選択し、マーケティングや広告宣伝について学びを深めることをおすすめします。

また就職を有利に進めるためには、学生時代に広告代理店や広告制作会社、メーカーの宣伝部門などでのアルバイトやインターンシップの経験も積んでおくとよいでしょう。そこで得た経験や知識は、必ず就職活動や就職後に役立つはずです。

広告プランナーの年収・給与・収入

求人ボックスが発表する広告プランナーの年収平均は、およそ522万円でした。

もちろん、就職する企業の規模や勤続年数によって大きな開きが生じますが、大体400万円から600万円で推移しているようです。日本人の平均給与と比較すると高い傾向にあることがわかるでしょう。

広告プランナーとしてのキャリアを積んで、知名度やスキルが上がると、クライアントから直接仕事の依頼を受けるようになり、携わる案件の量も次第に増えていくことから、さらに年収アップが期待できるはずです。年収1,000万円を超えるケースもありますので、スキル次第では高収入が目指せる職種といえるでしょう。

広告プランナーの社会のニーズ・将来性・まとめ

近年のインターネットの急速な普及や、YouTubeやSNSなどの広がりによって、Web広告の需要が増加傾向にあります。もちろん、新聞やテレビ、雑誌などは今でも必要とされている広告媒体ではあるものの、Web広告はそれらを大きく上回る成長を続けているのです。

さらに、コロナウイルスの感染症拡大の影響によって、Webやアプリ、SNS広告の重要性がさらに高まりを見せました。このようなインターネット時代における広告プランナーは、従来以上に流行やトレンド、時代の変化を敏感に察知して、それらに適した企画を打ち出さなければなりません。広告形態が多様化する現代において、新しい技術やサービスをいち早く取り入れ活用するスキルや能力が求められます。

クライアント発信で仕事を受注するスタイルではあるものの、広告業界はWeb広告の台頭によって今後もさらなる成長が続くといえるでしょう。求められるスキルや知識の多い仕事ではありますが、その分やりがいも感じられますし、自分自身を成長させる機会の多い職業です。

優れた広告プランナーとして活躍するためには、コミュニケーション能力やクリエイティブな実力はもちろん、Webマーケティングのスキルが必要不可欠です。

広告業界においてより多くの経験を積んで、将来広告ディレクターやプロデューサーとして活躍するだけでなく、独立開業などの可能性も広げていきましょう。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 医師

  2. ゲームプランナー

  3. 自衛官

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP