ライター

ライターとは、書籍、雑誌などの紙媒体をはじめ、インターネット上の媒体に掲載する文章を書く人のことです。編集担当者やクライアントから依頼された企画や構成に沿って執筆していきます。

文章を書くだけでなく、取材や撮影、編集や校正・校閲作業を担当するケースもあり、その業務内容は多岐にわたるのが特徴です。

ライターの仕事

ライターは働き方や活躍する分野によってさまざまな名称で呼ばれています。

  • フリーライター

個人で独立をして仕事を請け負うライターを指します。企業に所属せずにフリーランスライターとして活躍する人をフリーライターと呼びます。

  • コピーライター

広告業界において、テレビやラジオ、新聞、Web上の広告媒体のキャッチコピーや商品のネーミングを企画・考案する仕事を指します。豊富な語彙力はもちろん、発想のセンスが必要な職種です。クライアントの意図を正確に汲み取り、協力していくための高いコミュニケーションも求められます。

  • Webライター

インターネット上の媒体に掲載するコラム記事や広告文章を執筆する仕事です。Webの検索結果の上位に表示させるためにSEOを考慮した文章を考えるSEOライターというジャンルも存在します。

ライターと一言でいってもさまざまな種類がありますが、どのタイプのライターも以下のような業務を日々こなしています。

▽ライターの業務内容例

  • 企画、構成案作成
  • 取材が必要な場合は取材対象者へのアポイントメントを取る
  • インタビュー、取材
  • 文字起こし、記事作成
  • 監修者による校正作業を依頼する
  • 公開・入稿完了

クライアントからの発注書などを確認しながら、それぞれの案件のルールに基づいて執筆を進めます。基本的に、フリーライターとして活動する場合は、ライティング業務のみを請け負うケースがほとんどです。しかし、必要に応じて取材対象者へのアポ取りや写真撮影などを引き受ける場合もあります。

ライターになるには?

ライターとして活躍するためには、企業に就職するパターンとフリーランスライターとして活躍するパターンの2つの方法があります。

  • ライティング業務のある企業に就職する

ライターになる王道パターンは、新聞社や出版社、編集プロダクション、さらにはWeb関連企業に就職する方法があります。入社後に研修を受けたり、実践での経験を積んだりしながらライティングスキルを磨けることから、最も確実にライターを目指せる方法といえるでしょう。

企業に属する場合は、企画立案から校正作業までの編集作業に携わるケースも少なくありません。業務内容は多岐に渡りますが、安定的な収入を得られるというメリットがあります。

  • フリーランスとして活動する

ライターになるために必要な資格は存在しないため、実務未経験でもライターとして活躍することができます。

ライターの養成学校に通いながらライティングスキルを高める方もいますが、もともと文章を書くのが好きな方はすぐにライターとして活躍することだってできるのです。

ただし、未経験でできる仕事とはいえども、フリーとして安定的に稼ぐためには小さな仕事を積み重ねて実践経験を積むことが必要不可欠です。その結果として大きな仕事につながっていくでしょう。

必要な資格

ライターになるために必要な資格はありませんが、誰でもなれる訳ではありません。次のようなスキルや素養がある方はライターに向いているといえるでしょう。

▽ライターに求められるスキル

  • 日本語に関する正しい知識や文法が身についている
  • 文章を書くことが好き
  • 好奇心や知的好奇心が旺盛
  • スケジュール管理がしっかりとできる
  • クライアントの要望に応えるための柔軟性と対応力
  • コミュニケーション能力
  • 物事を正しく伝える力
  • 相手が何を知りたいかを読み取る能力

ライターにとって必要不可欠なスキルは、ずばり文章力です。正しい文法と語彙を理解して、読者が求める文章を構成できるかどうかが求められます。正しい情報を正しい日本語で伝える力がある方はライターに向いているといえるでしょう。

また、クライアントからの要望や修正依頼に対して、臨機応変に対応できる柔軟さや問題解決能力も求められます。対応力の高さは今後の仕事にも大きく影響するため、しっかりとスケジュールを把握しながらタスク管理するスキルも必要です。

専門的な学校・学科はあるの?

ライターに特化した専門学校や学科はありませんが、ライターの知識を学ぶためのスクールは存在します。

スクールでは、SEO対策をした記事の書き方や仕事の進め方など、Webライターとしての実践的なスキルやノウハウを学べます。スクールでは、実際に書いた文章を添削してもらうことで、自分の文章の癖に気付けるでしょう。

プロから直接学ぶことで、ハイスピードでライティングスキルを高められるためおすすめです。

ライターの年収・給与・収入

求人サイトIndeedの調査結果によると、ライターの全国平均年収は約451万円です。もちろん、雇用形態や契約している企業、クライアント先によって大きく報酬が変動します。

ライティング業務のみなのか、校正や編集などの業務も担当しているのかなどの業務範囲によっても年収は大きく変わるため、契約をする前に業務範囲と収入の妥当性をしっかりと確認しておきましょう。

ライターは、仕事のやり方次第で頑張った分だけ稼げる職種です。ただし、ベテラン勢と初心者が入り混じっていることから、稼げる人とそうでない人との差がかなり大きいともいわれています。

そこで、ここからはライターの年収を上げるために押さえたいポイントをご紹介しましょう。

  • WebライターにとってSEO対策は必須
  • クラウドソーシングをして実際にライターとして活動する
  • 得意とする専門分野をつくる
  • 単価交渉をする

Webライターとして活躍するためには、SEO対策を意識したライティングが求められます。ユーザーの知りたい情報をしっかりと盛り込むことはもちろん、ユーザーにとって読みやすいページになっているか、そして適切な文章で表現されているかが重要なポイントです。

Webライティングをするうえで求められるSEOに関する知識やノウハウは、インターネットで検索すればいくらでも習得できますが、体系的に学びを深めたい方は書籍を活用したり、スクールに通ったりするのもおすすめです。

ライターとしての実績がない方は、とにかく実績を積むことが大切です。ライティングの知識やノウハウをつけながらスキルを確実につけられるため、クラウドソーシングをして実際にライターとして活動していきましょう。

ライター初心者でも受注できる仕事もたくさんありますので、経験が浅い方でも仕事を獲得しやすいはずです。クライアントからの評価や実績が増えることで、大型案件も受注できるようになるでしょう。

専門性の高い記事は、記事単価や文字単価が高い傾向にあります。そのため、ご自分が得意とする専門分野に関する知識や実績をつけることが年収アップにつながるでしょう。

美容・美容医療系やファイナンス系、医療系、不動産系、そしてガジェット系などの分野は、特に需要が高いジャンルですので、執筆するために知識を身につけてください。さらに、専門知識があることを証明するための資格などがあれば、クライアントからの信頼を獲得できます。

ご自分の強みとなる分野を確立することで、高額案件を受注できる確率が高まるでしょう。

ライターとしての実績を積んで、しっかりと成果を出せるようになったら、ライター自身が受けたい仕事を選べる立場となります。その段階に立ったら、ぜひ記事単価や文字単価の価格交渉をしていきましょう。実績があれば、交渉もしやすくなります。ライター初心者の方は、とにかく案件数をこなすことに注力してください。

ライターの社会のニーズ・将来性・まとめ

ライターとして活躍したいと考える方は、WebライターやSEOライターとして活躍できるよう、知識と経験をつけていきましょう。

WebライターやSEOライターとして活躍するためには、基本的な文章力や日本語力はもちろんのこと、営業力やリサーチスキルなども学ぶ必要があります。

ただし、ライバルも多くいるため継続依頼が増えたとしても安心することなく、常にスキルアップできるよう努力することが大切です。多くのクライアントや読者から求められるようなライターを目指して学んでいきましょう。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. オーナーシェフ

  2. 新聞記者

  3. 宅地建物取引士

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP