動物看護師

動物看護師は、動物病院で獣医師の助手として動物の診察の補助をしたりケアをしたりする仕事です。診察中に動物が動かないように押さえたり、血液や尿検査を行なったり、動物に直接触れる業務のほか、受付やカルテの管理、掃除や在庫管理など事務的な作業も行ないます。

診察前に飼い主からペットの症状を聞き取ったり、困りごとの相談に乗ったりするのも動物看護師の仕事で、飼い主と獣医師をつなぐ役割も担っています。接客業にも通じる、きめ細やかな対応が求められる職業といえるでしょう。

また、動物看護師には、動物の看護方法はもちろん臨床検査やしつけ、栄養学など幅広い知識が必要とされています。

動物看護師の仕事

動物看護師のおもな仕事は、犬や猫など動物専門の看護師として、獣医師の指示のもと診察の補佐や看護を行ないます。診察に来る犬や猫は病院が苦手なことも珍しくありません。暴れたり逃げたりしないよう押さえて、スムーズな診察や治療ができるよう獣医師のサポートをするのも動物看護師の仕事の一つです。

また、診察前には必要な器具をそろえ消毒するほか、血液検査やレントゲン撮影の補佐を行なうこともあります。

動物と直接触れ合う業務がメインではありますが、受付業務を行なうケースも少なくありません。電話やメールでの診察予約や問い合わせの対応のほか、来院した飼い主への症状のヒアリング、お会計なども業務に含まれることがあります。診察後にはカルテの管理や院内の清掃、備品や薬品の発注を任されることも多いようです。

手術や入院設備の整った動物病院では、動物看護師の仕事は多岐にわたります。手術に使用する器具の滅菌・殺菌をしたり、使用後には器具や手術室の清掃・消毒を行なったりします。手術中には獣医師へ器具出しをしたり、動物の容態を確認したりするなど、獣医師の助手も務めるため、大きなやりがいを感じられるでしょう。

手術後には、動物の容態管理や排せつのケア、食事の管理やケージの掃除も動物看護師の仕事です。犬の場合は、術後の経過が良ければ散歩に連れていくこともあります。

また、動物看護師は飼い主とのコミュニケーションも大切な仕事の一つです。飼い主からペットの症状をヒアリングし、獣医師との橋渡しとしての役割はもちろんですが、投薬や家庭でのケアの仕方を説明するのも動物看護師の仕事です。

動物看護師は、飼い主からペットの健康やしつけに関する相談を受けることもあります。さまざまな悩みに答えられるよう、高い技術はもちろん幅広い知識を持ち合わせていることも動物看護師に求められるスキルです。飼い主の不安や困りごとに寄り添うことも動物看護師の役割といえるでしょう。

これまで動物看護師に国家資格はありませんでしたが、ペットの飼育数増加や動物医療の高度化が進んだことにより、2022年5月に「愛玩動物看護師」という国家資格が誕生しました。

国家資格となったことにより、次の業務も獣医師の指示により動物看護師が行なえるようになりました。

  • 採血
  • 投薬
  • 輸液の投与
  • マイクロチップ装着
  • カテーテルによる採尿

また、動物看護師の仕事内容は勤務する動物病院によって異なります。受付や事務に専門のスタッフを置き、動物看護師の仕事に専念できるよう配慮してくれる動物病院もあるようです。夜間診療や夜勤が必要な場合もあるため、動物病院の方針や業務形態を確認しておくとよいでしょう。

動物看護師になるには?

これまで動物看護師になるための資格は必須ではなかったため、大学や短大で動物について学んだ人や動物が好きという理由で動物に携わる仕事をしたいという人も、動物看護師として働くことができました。しかし、2019年6月に愛玩動物看護師法が制定されたことや、2022年5月に「愛玩動物看護師」という国家資格が誕生したことにより、動物看護師になるためには専門学校や大学・短大に通い、より専門的な知識と技術を学ぶことが一般的となっています。

現在も国家資格がなくても動物病院での勤務は可能ですが、動物看護師と名乗ることはできなくなりました。また、対応可能な業務の内容も異なるため、動物看護師として活躍するためには、国家資格を取得しておくとよいでしょう。

必要な資格

動物看護師を名乗るには「愛玩動物看護師」の国家資格を取得する必要があります。国家資格を取得することで、これまでよりも幅広い業務に携われるようになるため、動物看護師として働く場合、今後は国家資格の取得が一般的になることが予想されます。

民間の動物看護師の資格もありますが、愛玩動物看護師の国家資格が誕生したことで、愛玩動物看護師の資格を持っていない場合は動物看護師を名乗れません。愛玩動物看護師の業務独占とされている業務以外は、これまでどおり愛玩動物看護師の資格がなくても行なえます。

専門的な学校・学科はあるの?

動物看護師に必要な知識や技術が学べる専門学校や大学・短大があります。愛玩動物看護師の国家資格を取得するためには、愛玩動物看護師を養成する大学や指定を受けた養成所を卒業することが必須となります。そのため、大学や養成学校に通い、学ぶことが動物看護師の第一歩となるでしょう。

愛玩動物看護師の国家試験の受験資格として、農林水産大臣および環境大臣が指定する科目を開講する大学にてカリキュラムの履修が挙げられています。2023年3月現在、愛玩動物看護師の国家資格取得を目指せる大学・短大は、全国に12校あります。

大学や短大によって学習サポートやカリキュラム、受講料が異なるため、自分に合った学校を選ぶことが大切です。

動物看護師の年収・給与・収入

厚生労働省が運営する職業情報提供サイト「jobtag」によると、動物看護師の求人賃金(月額)は18.5万円、平均年収は323.5万円です。給与に関しては勤務先の規定により大きく差があり、動物病院の規模や業務内容によっても異なる傾向にあります。

動物看護師の平均月収は20万円以下とやや低い印象がありますが、2022年5月に愛玩動物看護師の国家資格が誕生したことで、給与のアップが期待されています。これからは愛玩動物看護師の国家資格保有者とそうでない人に、給与や賞与に差が生じるでしょう。

また、勤務時間は動物病院によって異なります。最近は夜間診療を行なったり土日祝日も開院していたり、飼い主のニーズや要望に合わせたサービスや経営を行なう動物病院も増えています。特に夜勤のある勤務先の場合は夜勤手当が出るケースが多く、日勤のみで働く動物看護師より多くの収入を得られると考えられます。

動物看護師の社会のニーズ・将来性・まとめ

動物看護師の仕事は、獣医学において重要な役割を担っています。愛玩動物看護師が国家資格となったことで、より高い技術や知識を持つ動物看護師が増えることが予想され、そのサポートのもと獣医師は高度で精密な医療を動物に提供できるようになります。

国家資格を取得すれば対応できる業務の幅も広がり、給与のアップや社会的地位の改善や優遇も期待されるでしょう。

また、近年のペットブームにより、動物病院を受診する犬や猫が増えているのも事実です。獣医学や薬品の進歩により、ペットの寿命も延びています。ペットが病気やけがをしたときには、高度な医療を求める飼い主も増えており、これまでよりも高い技術や知識が動物看護師にも求められるようになりました。家族同様に暮らすペットの長寿を願う飼い主も多く、獣医師のサポートをする動物看護師の需要はますます高まることが予想されます。

動物の診察や治療のサポートをするだけでなく、動物看護師は飼い主の不安に寄り添い、心の支えにもなる存在です。病気やけがで不安を感じたときに、動物看護師に支えてもらったという飼い主は少なくありません。

ペットはもちろん、獣医師と飼い主のサポート役である動物看護師は、大きなやりがいを感じられる職業といえるでしょう。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. CADオペレーター

  2. 看護師

  3. きものデザイナー・着物職人

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP