和菓子店舗

和菓子店舗の仕事

和菓子とは、日本に古くから伝わる伝統的な技法や原材料を用いたお菓子全般のことをいいます。

和菓子店舗は、和菓子の販売だけでなく商品の製造も行なっている店がほとんどです。

自分の店を開業するには、和菓子職人を雇う方法もあります。しかし自身で和菓子づくりを学び、経営と製造を兼務するのが一般的です。

和菓子は豆や米粉、もち粉などが主な材料となっており、バターや卵を主材料とする洋菓子材料する洋菓子とは見た目も味も異なります。

また、季節ごとの食材を使うほか、見た目に四季のイメージを反映されているものが多く見られます。美しく作られた和菓子には日本独特の個性があり、近年では海外の人からも注目が高まっています。

和菓子店舗は古くから運営されている店も多くあるため、新たに開業するためには独自の個性も打ち出していかなければいけません。

時代に合わせた商品を開発したり、海外向けの和菓子を考案するなどさまざまな工夫が今後の課題となるでしょう。

和菓子店舗になるには?

和菓子店舗を開業するためには、和菓子店で職人として一定期間修行を積んだ後に独立するのが王道です。

和菓子づくりのために必須となる資格はありませんが、高度かつ繊細な技術を多数習得しなければいけないため、独学での技術習得は難しいでしょう。

経験を積むためには、人気和菓子店や歴史のある和菓子店に就職して修行を積む必要があります。

将来開業をするときには、より良い腕を持っていた方が、より良い和菓子を提供できます。また、人気店で修行を積んだ経歴があれば、店の価値やブランド力を上げることができるでしょう。

技術面だけでなく、修行先のお店が行なっている店舗運営の知識も、働きながら学べる大切な要素です。人気店にはお客様が集まる理由が必ずあるので、独立開業時の運営のため身につけておくべき知識です。

近年では製菓を教える専門学校のなかに和菓子が学べるコースが増えてきているため、和菓子店舗で修行する以外にも技術を学ぶ方法ができてきました。

学校に通って学ぶことで、専門学校を卒業してすぐに和菓子店舗を開業する人もいます。学習期間が短いため、コンセプトを絞った専門店として開業することで、無理なくお店を持つことができるでしょう。

必要な資格

和菓子づくりをするにあたって必要となる資格はありません。

しかし食品を販売するために必要な資格があるため、和菓子店舗を開業する前に取得をしておく必要があります。

開業するためには、保健所からの営業許可が必要です。届出を行なう際に「食品衛生管理者」の「修了証」を提出しなければいけません。

取得のためには、食品衛生責任者養成講習会を受講します。試験などはなく、受講を全て終えることで「修了証」をもらうことができます。

また、税務署への開業届の提出も必ず必要なので、忘れずに行ないましょう。

和菓子づくりを職業にするための必須資格はありませんが、技術を証明できる資格や持っていると良い食品関連の資格があります。

「菓子製造技能士」は「洋菓子製造技能士」「和菓子製造技能士」それぞれに1、2級が設けられている資格です。試験内容は学科と実技に分けられており、それぞれ別日程で行なわれます。受験資格は級に応じて異なりますが、実務経験や専門学校などで対象となるカリキュラムを受けていることが必要となります。合格率は2級でも50%とされており、やや難易度の高い資格です。

「製菓衛生師」は、都道府県知事からの認定を受けることができる国家資格です。和菓子・洋菓子などジャンルは問わず、製菓を行なうための技術や知識が身についていることが証明できる資格です。「製菓衛生師」の資格も指定の学校で1年以上対象となるカリキュラムを学ぶか、2年以上の実務経験が受験資格として定められています。

そのほかにも、栄養士や調理師の資格も取得することでも、よりお客様からの信頼を得ることができるようになります。いずれも学校へ通ったり、実務経験を要する資格ですが検討しておきましょう。

専門的な学校・学科はあるの?

和菓子店舗を開業するためには、和菓子職人としての技術を身につける必要があります。

高校を卒業後すぐ和菓子店に就職して経験を積む方法もありますが、製菓専門学校に通い基礎的な技術や知識を身につけてから就職する方法もあります。

製菓専門学校では、和菓子にまつわることだけでなく、製菓全般の知識や食品衛生学を学ぶことができます。広い知識を身につけておくことで、開業する際にも役立てることができるでしょう。

製菓専門学校には、さまざまな通い方もあるため自分の都合や経済状況に合わせた学習が可能です。

通学コースでは、昼間課程だけでなく夜間課程を設けている学校もあります。通学期間も学ぶカリキュラムにより1〜3年と幅があります。さらに近年では、インターネットにてオンライン授業を受けることができる学校もあるので、通学が困難な人でも学ぶ機会を得られるようになりました。

学費の面でも、年間20〜230万円程となっているので、経済状況に応じて学校を選択して基礎知識を身につけると良いでしょう。

和菓子店舗の年収・給与・収入

和菓子店舗を開業するためには、和菓子店に勤めながら技術を磨くケースが一般的です。

なお、和菓子店で職人として小規模店に勤務する場合の初任給は、16万円前後といわれています。和菓子メーカーや複数店舗展開を行なっている和菓子店であれば20万円程度が相場のようです。

全体での平均年収は300〜400万円程度とされています。和菓子業界は実力が認められれば、給与も実力に見合ったものにアップしていく業界なので、経験を積み技術を身につければ昇給も可能です。

開業してからの収入は和菓子店に勤めていた時とは異なってきます。店の売上から諸経費(食材費、光熱費、家賃、人件費、宣伝費など)を差し引いたものが収入となります。

収入を上げるためには、開業前にさまざまな店舗計画を立てておくことが重要になるでしょう。どのようなお客様向けの店にするのかといったターゲット設定や、原価に見合った商品の価格設定が必要です。また、出店もターゲットとするお客様の来店が見込めるエリアを選び、物件価格もしくは家賃のリサーチも行ないます。

ただ美味しいものを作り販売するのではなく、どのようにしたら多くの人の目に留まり、何度も購入していただけるかを考えます。商品のクオリティ、経営の両面を考えながら店舗運営を行なうことで、収入のアップにも繋がります。

和菓子店舗の社会のニーズ・将来性・まとめ

日本人のなかでも、和菓子より洋菓子を好む人は少なくありません。しかし、現在も洋菓子より和菓子の方が家計消費率が高いとされる統計が出ています。手土産に和菓子が多く選ばれることやお正月などの年中行事に和菓子が選ばれることも理由のひとつです。

さらに日本文化の魅力が国内外問わず注目されていることから、和菓子のニーズは今後も高まるでしょう。

和菓子店舗を運営するためには、和菓子づくりの技術だけでなく、経営やマーケティングも学んでいく必要があります。

運営する店舗のコンセプトをきちんと定め、価値を見出すことで唯一無二の和菓子店舗となれば高単価の商品であっても購入者は見込めます。今後は、旅行者向けの商品や海外出店を視野に入れることでも、可能性を広げることができます。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. ホームヘルパー(訪問介護員)

  2. 音楽教師

  3. 楽器製作者

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP